スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.06.14 Tuesday / - / スポンサードリンク

花籠宮殿の春

ヒャリの花籠に春が来た
谷霞を渡る草編みの路のそこかしこ
次々に咲きはじめた彩り色とりどり
夜明けの極楽鳥のコーラスも今日は
太陽を追いかける途切れない大輪唱
谷を勢いよく駆け上る花々の前線は
縦横無尽の橋を一つまた一つと染め
やがて谷の頂上に浮かぶ花籠宮殿へ
恭しくも堂々と踏み入るんだろう
花籠の中では着飾った千の鳥たちが
世界を巡る春の訪れを迎え祝い
太陽と二つの月と無数の星々に
空に風に夢に祝福を歌いあうんだ
ヒャリの花籠に春が来た
世界に満ちるしあわせと
しあわせの満ちる世界のために
今巡もまた花の祝祭がはじまるんだ!

寝室風景

この世でいちばん上等のふかふかベッドでこの部屋はできてる
幾重に連なる真白いシフォンの合間に色とりどりの星は読書灯
三日月のかけらのナイトテーブルには読みかけの絵本と
まだ巻雲のしっぽをたなびかせるミルクティーを一杯
金ぴかのモーニングベルは今夜の夢から戻るまでお休みで
淡い水色、ピンク、黄色の咲き乱れる鉢植えは子守唄の熾火
蔦の這う窓枠に引かれたカーテンが部屋のふちなのかもしれないけど
どっちにしても扉のないこの部屋を見つけられるのはわたしだけ
わたしは眠りを求めてここに来る
わたしは眠りのためだけにここにいる
どんな世界のどんな眠りもかなわないとびっきりの夢と安息のために
この世でいちばん上等のふかふかベッドでこの部屋はできてる
この世がいちばん上等の夢であるようにわたしはここにいる

おやすみなさい。良い夢を!


三日月のうた

蒼い蒼い夜空を横切る
小さな金色 三日月ひとつ
流れる島々すり抜けて
回る金色 三日月ひとつ

星降る街は眠ってる
獣たちはまだ夢の中
もうすぐだよ もうすぐだよ
誰か呼んでる

白い白い雲を巻き上げ
夢見る金色 三日月ひとつ
夜空を巡る風を連れ
誘う金色 三日月ひとつ

星降る街が動き出す
せかいと夢が交じりあう
もうすぐだよ もうすぐだよ
天球儀の頂上へ


----

おしごと。

竈にかけられた銅の大鍋から立ち上る湯気、果実酒の硝子瓶、積み重ねられた白磁の皿。
大食堂に隣接する厨房はひっきりなしに交わされる大声と足音、薪のはぜる音で満ちていた。

「はいよ十四番テーブル! 秋野菜のスープと白糖芋のポタージュ、カルカナッツの白パン二つ、星葡萄のビスケット、雲飛び魚のソテーにシェロー鴨のステーキ、氷桃のプディング、それに野苺のミルク酒二つ!」
大きな銀のトレイに所狭しと料理が並べられると、白兎のウェイターは片手でそれを軽々と持ち上げて、スープの湖面にさざ波ひとつ立てずに早足で大食堂の十四番テーブルへと向かう。
それを見送る小さな影、ひとつ。

「ふわぅ……すっごいなあ」
その影は淡緑色の毛皮に羽根と尻尾を持ち、厨房の隅の天井近くに浮かぶ。
眼前の人波は依然目まぐるしく動き続け。
「お手伝いに来たはずなのにー……」
竈を取り囲む調理台から盛りつけられた料理が次々と対岸の長テーブルに乗せられ、こぼれ落ちそうな大皿を満載したトレイをウェイター達が持ち去る。繰り返し。繰り返し。一瞬の滞りすらもなく。



「はーい今日はこれでオーダーストップ!」
四半刻ほど経て、誰かが短鈴を振り鳴らし、叫ぶ。
先程までの慌ただしい空気がふっと途切れ、シェフ達もウェイター達も動きを緩めた。
何人かが鍋に残った料理を手近な皿に盛りつけ、それ以外の全員は長机の椅子を引き出して腰掛ける。

と、肉料理を三つの大皿に盛り終わった先程の白兎のウェイターが淡緑の仔竜に視線を向けた。
仔竜がその視線に気付いたのを見て、大皿のひとつを差し出し、笑顔で手招き。
仔竜は一瞬戸惑うも、慌てて調理台の前まで高度を落とし、白兎から大皿を受け取った。
「っわわ、……!」
頭上に大皿を担いだ仔竜は大分ふらつきながらも調理台から長机までの数歩を飛ぶ。
白兎は残りの二皿を両手に、長机の反対側と中央に事も無げに置いた。
「とっとと……う、うきゃ、んぎゅっ」
仔竜がだいぶ傾いてテーブルクロスに着地した大皿の下からなんとかして這い出ると、白兎は既に長机の右側に座るシェフやウェイター達のグラスに果実酒を注ぎ終わるところだった。
そのまま席に着き、仔竜には机の端に座るように目で促す。
仔竜がやや恥ずかしげに座り込むと、白兎は優しく微笑みかけ、そしてまた皆の方へ向き直ってグラスを取る。
「皆、今日もご苦労様! 乾杯ー!!」



その晩遅く、自宅に帰り着いた仔竜とそれを迎える同居人の青い猫。
「おかえりなさい、お疲れさま。一日修行はどうだった?」
「う……」
「大丈夫? 何かあったの?」
「…………ボク、もっと身体を鍛えるんだ!!」
「……え?」

もう半刻すぎて、ふかふかのベッドに倒れ込むように入ってすぐ眠った仔竜を見つめ、
「そんなに大変だったのかな……たしかに大きいお店だったけど」
猫も肌掛けをまくり上げてベッドに潜ると、仔竜を起こさないように声を出さずに呟いた。
「うちで気付けないことに気付いたならいいんだけど……キッチンのお手伝いに行ったのに『身体を鍛える』……?」
猫は不思議そうに仔竜の寝顔を覗き込んだが、やがて小さく笑って、
「……まあ、いいか」
枕を抱きかかえて眠る仔竜の頭をそっと撫で、そして自分も目を閉じた。

遠くの空の金月が、丘の上のカフェの屋根をそっと照らしていた。



----

海と、空。

常夏の太陽に煌めく黄金の海は島一面を覆い、折り重なった砂の波が地平線を埋め尽くす。
砂丘を横切る風紋を散らし、波間にたゆたう小舟が一つ。

「っふぅ……」
それは黄金色の世界の中でひときわ目立つ銀の猫。
身長の倍はあろうかというスプーン型の奇妙な器具を砂に突き立て、一息。

「掘っても掘っても砂ばかり、ってか」
目前の砂丘を切り取った平坦な一角は既にお茶会のひとつでも開けそうな広がりで、
砂の壁は猫が手にする宝の地図を肯定も否定もせず、ただただ無言。
太陽は依然として天頂、真白い綿雲が空に海に模様を投げる。

「ま、ここからよねっ」
銀の猫はひとつ呟いて立ち上がり、また砂の山に向かう。



半刻置いて。
再び砂に突き立てられたスプーンの傍らにしかし猫の姿はなく、
代わりに先程よりずいぶん広々とした砂丘の一角。
地面から僅かな角度で顔を出す角材と、それを跨いですぐそこに砂に埋もれた、日焼けした白木の小屋ひとつ。
覗き窓もなにもない質素な扉に続く低いタラップに残る砂粒と、まだ新しい足跡ふたつ。
辺りは再び陽射しに風、黄金色。動くものはなし。

色とりどりの光水晶が点々と灯る廊下に、木材のきしむ幽かな声。
人の気配は、足音ひそめて進む銀の猫ひとり。
「こんなに状態のいい遺跡なんて……半世紀ぶりの大発見ね」
長い廊下の両側にずらりと並ぶ部屋たちに片っ端から飛び込まんとする衝動を必死に抑え、
声を殺し足音を殺し。歩測目測、図面を走り書き。
吊り階段をふたつ降り、角を曲がると突き当たりにはひときわ立派な両開きの扉。
真鍮の取っ手を押すと重厚な扉が音を立てて開き、隙間からオレンジ色の光があふれ出す。
踏み込んだその足を迎える、声。
「帰ったか……って訳じゃあなさそうだな。客人とはまったく珍しいことで」



広々とした部屋を埋め尽くすは。絨毯、宝石、紋章旗、刀剣、地図、天球儀。様々な調度品。
大きな水晶硝子の窓とその展望を遮る一面の砂を背景に、
真紅を黄色で縁取った熱帯魚は膝下まで浮き上がり、帽子のつば越しに銀の猫を見下ろす。
「さて客人。こんな砂の中までいったい何をしに来なさった?」
片手には抜き身の宝刀。目は笑っていない。
「……学術的探索、なんて言ったら信じてくれるかしら?」
しばし静寂。

「見たところ商売敵ではないようだが、客人。
 悪いが取材は受け付けてないんでね。その羽筆と図面を置いてもらおうか」
じりじりと焼け付くような長くて短い沈黙を挟み、再び熱帯魚が口を開く。
銀の猫は一瞬だけ躊躇うも、その言葉に従い両手を上げた。
控えめな音を立て床に落ちた紙束に熱帯魚は一瞥をくれると、
「どうも。ところで……あんた、何者だい?」
宝刀の切先を少しだけ下ろし、問い。
「銀月宮の学徒、ティハ。遺跡追いよ」
「……なるほど。どうやらそのようだ」
銀の猫がマント留めの徽章を指し示すと、熱帯魚は刃を下ろしてくつくつと笑う。
「まさかここを掘り当てられるとはね。さすが専門家だ」

火時計の針がひとつ落ち。
「さて、そろそろ部下も帰ってくるんでね。
 先生にとっては残念かと存じるが、お引き取り願おうか」
「残念、だけど仕方ないわね。
 住人がいる限り遺跡ではない、って思っておこうかしら」
「心配には及ばないさ」
銀の猫がひとつしかない部屋の出口へと向かうと、
熱帯魚も黒檀の机をひょいと乗り越え、銀の猫の後ろにつく。
吊り階段をふたつ上り、光水晶の廊下を抜け。
白木の扉は音を立てて開いた。



蒼空の濃さと砂の輝きは依然変わらず、しかし風は先刻よりいくらか強く。
外に出た銀の猫はひとつ伸びをすると、向き直って一言。
「お邪魔してごめんなさいね」
「ま、話のわかる先生で助かったさ」
「それはどうもね」
タラップを降り、砂に突き立てたままのスプーンに歩み寄る。
途中、背後の賑やかな声。
「お頭ー、ただいま帰りましたぜーっ」
「うわ、なんで表に出てるんです?」
「あそこの学者さんが! そりゃ大したもんですねぇ」
「砂の中を探し回っちゃったじゃないですかっ」
「話は付けてあります? それなら安心だ」
「でもこの島とは当分おさらばですかねぇー」
振り返ると、熱帯魚の回りに金銀財宝を抱えた鳥、獣、竜が十数人。
扉から遺跡の中へと入れ替わり立ち替わり運び込む。
やがて全員が扉をくぐり、最後に熱帯魚がこちらを振り返って、目礼。
銀の猫が手を振ると熱帯魚もそれを見届けて、扉の中へ消えた。



不意に砂丘がうごめき、金のさざ波が勢いよく流れ落ちる。
砂のティールームはいともたやすく崩れ去り、あたりに煙幕が立ちこめた。
白木の小屋と角材も一瞬にして地の底へ消えたかと思われたが、
次の瞬間砂ぼこりの中から現れたは紛れもないその小屋と、背後に聳える高い高い三本柱。
その柱に渡された三対の水平柱には大きな白い布が張られ、砂を吹き払う風を受けて大きく膨らむ。
と、立て続けに足下の大地が激しく揺れ動き、砂丘の縁から砂に埋まっていた大きな角材が顔を出す。
角材のもう一方には船首があり、次いで砂の中から浮上してきた船体の上には砂を振り落とした甲板が、
そしてその甲板の上には低いタラップと先程まで白木小屋に見えていた艦橋の入口、
さらには純白の帆布いっぱいに風を受けた三連の大マストが堂々と天を衝く。
王冠と天球儀が描かれた大きな海賊旗をはためかせ、海賊船は砂丘を離れて空へと浮かぶ。
眼を丸くして見上げる銀の猫を尻目に、それはぐんぐんと速度と高度を上げて、
やがて遥か遠くの雲に紛れ、見えなくなった。



「そんなの……あり?」
後に一人残された銀の猫はしばらく呆然と空を見上げていたが、
「……あーあ、これじゃくたびれ儲けだわね」
やがて諦めたように笑うと、踵を返して運び屋の待つ岩屋へと向かった。

島一面の黄金の海は午後の風にうねり始め、砂漠に残された大穴も夕暮れ時には姿を消していた。



----

夏の終わり

照りつける、と言うにはもう随分やわらかくなった光が
点々と浮かぶ小さなはぐれ雲を真白く輝かせていた。
大きな樹の枝から見渡す草の海は今日も青々としているが、
その海を通り、あとに小さな波を残していく透明な竜は
昨日までのそれと違い、微かに月の色を纏っているように見えた。

「――ふぅ」
空の一点へと視線を上げ、
オレンジ色の尻尾を風に遊ばせたまま獣は小さく溜息をついた。
すぐ隣に座ったよく似た姿の獣が、その溜息に振り向く。
「どうしたの?」
「なんだか淋しいな、って、思って」
「……ボクがここにいるのに?」
視線も動かさずに答えたオレンジの獣に、
隣の獣は憮然と言うよりは不思議そうな表情で訊き返した。
「あ、そうじゃなくて……ええっと、
 今日はずいぶん涼しくて、お日様が遠くに見えるから」
「そっか、ほんとだ」
オレンジの獣が少しだけ慌てた様子で訂正すると、
隣の獣も空へと視線を移し、頷いた。

太陽と、光を受けて煌めく小さな星々がゆっくりと空を流れる。
風が次々に草原を渡り、大樹の枝を穏やかに揺らしていく。
二人はしばらく枝に座ったまま、空と、草の海を眺めていた。

「おーい! もう準備はじまってるよー!!」
雲が少しだけ金色を帯びはじめた頃、不意に樹の下から大きな声がした。
見ると、星葡萄の蔓と光水晶を両手に抱えた赤い獣が二人を呼んでいる。
「あ……」
「そっか、明日は」
二人は思わず顔を見合わせ、声を揃える。
「「星狩りのお祭り!」」

村の広場の方では既に村人たちが集まって、
次の季節を迎える祭りの準備に取りかかっているのが見えた。
赤い獣は大樹の幹伝いに下りて来た二人に荷物を半分ずつ渡し、
すぐに来てね、と言い残すとまた慌ただしく広場へ走っていった。

「……淋しいばっかりじゃなかったね」
「うん」
二人はもう一度空を見上げ、笑顔を交わすと
すぐに赤い獣のあとを追って駆けだした。
誰もいなくなった大樹の枝で、透明な竜が二人を見送っていた。




枕元のメモ

おっきなトランクに世界を詰め込んで今夜の夢で待ち合わせ。
目印は街はずれの丘の上、風が南に変わるところで。
もし道に迷っても二つめの月が教えてくれるさ!

ここから

雨の降る夜はカーテンを閉めて、
電気ストーブの暖炉の前で、
蛍光灯のランタンをつけて、
遠い遠い世界の物語を見よう。

森を背にした色とりどりの草原、
白い雲の上に広がる王国、
大陸の端から空へ落ちる滝、
金月と銀月の追いかけっこ。

雨が上がって陽が射すころには
きっとすぐ側にいる。
きっとすぐ手が届く。

ここもまた、春の国。

見渡す限りどこまでも続く緑の丘の連なりに
ところどころぽつぽつと小さな樹が生えていた。

そんな風景の中、ゆるやかな丘のひとつで
彼は柔らかい草の上に仰向けに寝転んで
澄んだ空色をバックに流れる雲を数えていた。

「14ー、クッキーの形。
 15ー、ティーポットの形。
 16ー、紫リンゴの実の形…」

歌うように、呟くように、
小さく声に出しながら彼は数え続ける。
彼の隣に座った同じ種族の生き物は
そう言われればそう見えないこともないかな、
今のはちょっと苦しかったかな、等と思いつつ
数える声を聴きながら同じように雲を見ていた。

優しげな陽射しと穏やかな風が
二人の淡い色の毛皮ををそっとなでる。
一面の草原のさわさわと言う控えめな音に合わせて
真っ白な雲は次から次へと空を渡って行く。

「ねえ」

しばらくして、座っていた方がはじめて口を開いた。

「391ー、半房食べかけの赤ブドウ。
 392ー、星のなる樹に集まった鳥の影。
 393ー、えぇっと…翼を広げて尻尾を丸めた海の眠り竜!
 …え、今呼んだ?」

「いい加減、やめないの?」

おかしくてたまらないといった様子でそう言われ、
彼は雲を数えるのを止めて起き上がった。

「そうだね…そろそろ帰ってお茶の時間だ」

二人はお互いに笑うと、
先程から客が用事を済ませるのを待っている乗用獣のように
ひとつだけ空のその場から風に流れず留まっている
薄桃色の大きな雲に向かって飛び立った。

見渡す向こうに。

広い広い空のもと、色とりどりの王国のお城と街に、
世界を巡るベルの樹の鮮やかな音色が響き渡ります。

朝の空気は太陽を受けてきらきらと輝きだし、
地平線へ続く草原は風をいっぱいに受け止めて、
世界に満ちてゆく光に住人たちは次々に起きだして
ほどなく赤煉瓦と樹の街や銀色の大理石のお城は
色とりどりの石畳を渡る色とりどりの足音たちと
話し声、歌声、呼び声や笑い声でいっぱいになります。

広い広い空のもと、今日もまた一日がはじまります。