スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.06.14 Tuesday / - / スポンサードリンク

夜明け。

昨日は随分暑かったけど
その分夜は冷え込んで、
眠る間に雨でも降ったか
辺りの地面は湿ってた。

草木は静まり返ってた。

朝陽は雲の向こう側でも
透かした空は明るくて、
薄く流れる真白い霧も
光を散らして眩しくて。

鳥の声が一つ聞こえた。

雲の海の話

一面の白が広がっていた。

緩やかに波を描き、
ところどころで風に巻き上げられて
小さな渦を散らしながら
視界を埋め尽くす真白い雲の海は
それが空の青色と混じりあう
曖昧な線までずっと続いていた。



「なんにも見えないね」
やや幼い子供のような声が、そう言った。
「そう?」
最初の声より少しだけ高い声が
やや間をあけて、返した。
「今日は風が強いからかな、
 雲の上に出てる島はここだけかも」
最初の声がすぐさまそう続ける。
「ああ、それは確かに。
 下の方の風の音もすごいしね」
「…そうかな?僕には何も聞こえないけど」
「耳か頭かが慣れちゃって感じなくなってるんだよ。
 今日は起きた時からずっと鳴ってるよ、もちろん今も」
「…わかんないや」
白い竜は、難しい顔で座り込んだ赤い竜を後目に、
また一面の白に視線を戻す。



「なんにも見えない」
しばらくの沈黙があって
最初の声が、またそう言った。
「そう?」
それより少しだけ高い声は
さっきと同じくらいの間をあけて、返した。
「そうだよ、見たとおり。
 いつも見える島たちはどこにもないし
 誰かが飛んでる姿だって見えない」
少しだけ強い口調で返って来た答えに
白い竜はゆっくりと視線を上げて、
「海が、見えるよ。
 いつもより波のうねりが大きい、
 普段あまり見られない渦もいくつか見える。
 それに流れてく早さもずっと速い。
 くるくる変わる表情は、とても綺麗」
答えると言うよりは呟くように、そう言った。



「…ホントだね」
またしばらくの沈黙を挟んで、声がした。
苦笑混じりの、しかし嬉しそうな声だった。



雲の海に泳ぐ島々のひとつ、
一面の白を見渡す緑の岬に
小さな白い竜と赤い竜が、並んで座っていた。



----
「第02節の20日目 13刻と34小刻」

白い庭

動いているものは何もなかった。

静かに吹き上げ落ち続ける噴水の水も
時折そっと通る風を受けて揺れる芝生も
眩しすぎるほどに穏やかな陽の光も
今尚これまでと何も変わらずに、
これからも永遠にそこにあるように思えた。



「ただいまー。いつまでつっ立ってんの?」

頭上すぐ後ろから羽音とともに聞き慣れた声が近付いてきて、
ほどなく鮮やかな黄と赤の羽根を持った鳥が左肩にとまった。

「……だから乗るなって言ってるでしょ。重い」

「いーじゃん、減るもんじゃなし。
 それに地面よりはフォスカの肩の方がとまり心地いいし」

「こっちはいい迷惑なの」

フォスカ、と呼ばれた獣人は溜息を漏らしつつも
極彩色の鳥を肩に乗せたまま大きな噴水の台座に腰を下ろした。



「リジュ、空から見てきたんでしょ?街の人たちは?」

「とっくに全員逃げ出したよ。何を今更」

「そっか」

街を見下ろす高台、宮殿の空中庭園の中心からは
誰もいない庭と頭上の青い空だけがよく見えた。

「……誰か一人くらい、死んでも動かないぞって人がいるかと思ったんだけど」

「それってボクのこと?それともフォスカのこと?」

「……そうだね、両方」

二人は互いに顔を見合わせ、小さく笑う。



「退屈だな。終わりまでの間、お茶にでもしない?」

「……リジュのその余裕は羨ましいよ」

「そう?」

フォスカはやれやれ、とばかりに立ち上がり
噴水の縁からやわらかい芝生に飛び降りた。
そのまま庭園を後にして、再び古めかしい造りの宮殿の中へ踏み入る。

「あの厨房の無駄にたくさんある棚の中から
 お茶とお菓子を探し出すのは大変そうだな……」

「ま、フォスカ自身の安息のためだし。がんばれ」

「……なら、僕の安息のために肩から下りてくれる?」

「いーじゃん、減るもんじゃなし」



声は徐々に遠ざかり、やがて聞こえなくなった。



----
「第11節の19日目 18刻と27小刻」

空色の季節

青と蒼の世界

空色の季節

クィアンデルの果実酒

獣の足跡

太陽と風の国の景色

聖木の杖の飾り布

真っ白な地図

ベッドと薄い肌掛け

夜告げ鳥の遠鳴き

星の海







涼やかな音色の水晶の旋律にのせて。





----
「第05節の23日目 22刻と21小刻」


ここにいるもの

ものがたり

せかい

ほんだな

どこか

無料ブログ作成サービス JUGEM

なにか