スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.06.14 Tuesday / - / スポンサードリンク

きれいな色を拾い集めて、籠いっぱいの星屑を抱えて。

 頭上の遥か高くにかすむ月を飛び越え竜が舞う。半透明の樹は風に流
され竜の羽跡を横切って、球形の空の遥かな地平の中を、遊ぶように、
歌うように、どこまでも泳いで行く。泳いで行く。

 太陽めがけて大きく伸びた色とりどりの果樹が、鈴なりの花の香りで
微睡む獣を外へと誘う。一歩踏み出せば白い町。連なる家並みは暖かみ
を灯す石造りで、草葺きの屋根がときおり暖炉の薄い煙をなびかせる。
坂道と岩の階段の町。西側の山から吹き下ろす風は暖かく、南は空へと
通じる丘の道。果樹の若々しい緑が町に彩りを添える。
 目覚めた部屋からは、深い深い青を背景に尾を引いた雲の向こう側、
遠くに浮かんだ大陸が白い窓枠のキャンバスを通して見えていた。午前
の日差しは無地の絨毯の上に影と光の模様を落とし、窓から窓へと抜け
る風は初夏の兆し。午睡を切り上げ、立ち上がる。
 渡り廊下の風よけは織り目の粗い極彩色の布。階段を下りて左手の壁
には丹念に手入れされた様々な調理器具が吊られて並ぶ。明々と燃える
暖炉からもれだす甘い香りは黄色の果物のパンだろうか。調理場から立
ち上る白い湯気が、家主の帰りはそう遅くないと知らせる。
 鈍色の小鍋を火から少しだけ遠ざけて、そっと蓋を開けてみる。この
地方でよく食べられる若々しい緑菜が湯の中に踊っていた。朝焼けの草
原の淡い香りが鼻をくすぐる。
 細やかな波を描く葉を菜箸ですくい上げ、味見を少々。壁にかけられ
た香辛料入れから、オレンジ色と金色の粉を選んで一つまみ。緑色の野
菜の上でひときわ目立つ星が散る。遠くの海の国では当たり前の技法だ
けれど、もう長いこと見ていない気がした。



----



お友達ちゃんの風景掌編を自分アレンジ!
楽しかったです。原形ないけど((



----

スポンサーサイト

2011.06.14 Tuesday / - / スポンサードリンク